有効微生物活性剤OCエナジー・エコリセット

排水・糞尿浄化処理システム
OCエナジー・エコリセット 業務用油脂分解促進剤

■グリストラップの浄化 ■工場の大型浄化施設 ■養豚の糞尿処理 ■鉱物油の分解 ■河川・湖の水処理浄化 ■土壌・海底などの浄化

衛生環境設備に応じてご提案します!

1.油脂分解:一次作用脂肪酸とグリセリンに分解
●次作用:ココヤシ油(界面活性剤)が分解
2.油脂分解:二次作用脂肪酸を水とCO2に分解・グリセリンを水とCO2に分解

●二次作用 微生物を活性化
微生物が分解を行う時にリパーゼ酵素を出し、リパーゼ酵素が、脂肪酸グリセリンを分解
3.一次分解工程+二次分解工程により困難とされた鉱物油・動植物油の分解ができます。

特徴

●微生物の栄養剤と定義
●微生物成分は全く含まない。
●動植物の油を分解促進
●鉱物由来の油の分解も促進
●グリセリン+脂肪酸の乳化固定
●微生物処理速度の高速活性
●難分解性のBOD処理も可能
●臭気、汚泥発生の軽滅を目的

自動供給システム

【自動供給機】稼働時間設定型点滴装置は、用途・設備内容に応じてご提案します。

エアレーションシステム

OCエナジーを投入し、エアレーションシステムで撹絆、また溶存酸素の増加で微生物を活性化し
油脂の分解を行ないます。


グリストラップ処理


水質データの変化

農場し尿処理

 

農土処理

 

化学肥料の投与により高能率の作物ができるようになった反面、大量の農薬散布と化学肥料によって、 土壌中の微生物は、抑圧され減少傾向にある。
そこで微生物回復に栄養素を与え、微生物活性を促進させるための栄養剤、それがOCエナジーです。

透析排液処理の対応

病医院での透析排液は、下水道法、水質汚濁防止法条例に抵触する。だがその多くは下水道に流されるか河川、海に放流されている。しかし、最近は新設、増設改修の施設は排液処理を義務付けられ、低効率大規模な活性汚泥処理槽の設置を余儀なくされる。 現在、透析排液処理の多くは、活性汚泥法で行っているが、透析排液の生物化学的酸素要求量(BOD)は、約1,500mg/Lと著しく高く、余剰汚泥処理が、維持コストを押し上げている。 地域や施設により下水道法に抵触しない限り高濃度のBODを排水処理されずにそのまま希釈のみで下水道に流されているのが現状である。

OCエナジー・エコリセット

培養工学的な操作性

実施例【バブリングシステム】

結果

●原水槽のBOD1,500mg/Lを200~400mg/Lまで低下させ、既存プラントへの排水処理軽減を目的とした前処理装置として、著しい機能を発揮した。

●既存プラントの末端放流水のBODは、稼動初期段階で30~100mg/L以下となった。

●エコリセットの導入により、既存プラントの汚泥引き抜き回数が3~4回/年だったのに対し、半年経過で極少量の汚泥しか蓄積されていなかった為、年間の既存プラント維持管理費が200万円前後から60万円弱になり、プラントのイニシャルコストも安価でありながら、ランニングコストも優れている。

学会発表・研究会参加

第51回日本透析医学会学術集会

(平成18年6月23日~25日)神奈川県パシフィコ横浜
1.「微生物活性剤エコリセットを用いた新透析排液処理装置の検討」
前田記念腎研究所大原クリニック内科、臨床工学部
東京医科歯科大学付属病院血液浄化療法部
桑陽病院透析室
2.「透析排液の浄化について~エコリセットを使用して~」
サンクリニック広島

 

第16回中国腎不全研究会(平成18年9月10日):広島県広島国際会議場1

「新しい透析排液システム」
サンクリニック広島


第13回中国腎不全研究会(平成16年9月19日)

広島県広島国際会議場
「透析排液の貯留処理の検討」
米澤記念 桑陽病院


有効微生物が活性するしくみ

有効微生物の生分解プロセス

水処理のしくみ

水処理施設の導入事例

お問い合わせ

OCエナジー・エコリセット

特徴
グリストラップ処理
農場し尿処理
農土処理
有効微生物が活性するしくみ
有効微生物の生分解プロセス
水処理のしくみ
水処理施設の導入事例
お問い合わせ

株式会社ピーエーエス

〒870-0927
大分県大分市北下郡1組の6

大八ビル115号
TEL:097-574-9380
FAX:097-574-9582

↑ページトップへ